2010年04月08日

<相続税法違反>遺産2億円脱税…開業医の遺族、国税が告発(毎日新聞)

 開業医だった父親の遺産約3億6000万円を隠したとして、名古屋国税局が、名古屋市千種区の加藤典子相続人(50)を相続税法違反容疑で名古屋地検に告発していたことが分かった。脱税額は約2億円とみられる。既に修正申告し、納税したという。

 関係者によると、加藤相続人は父親が07年10月に90歳で死亡した後、自宅や他の不動産を夫らとともに相続。この際、現金など約3億6000万円を実家の金庫に隠していたという。

 09年11月に名古屋国税局が強制調査(査察)した。追徴課税は重加算税を含め、約2億7000万円に上るとみられる。【中村かさね】

【関連ニュース】
キヤノン工事脱税:大光など3社に罰金2億5000万円
防衛脱税:秋山被告に有罪判決 東京地裁「巧妙で悪質」
脱税容疑:弁護士が所得税5000万円 名古屋国税局告発
脱税:「水谷建設」元会長を仮釈放 08年5月に収監
大分コンサル脱税:大光など3社に罰金3億円超求刑

シー・シェパード元船長、5つの罪で起訴(読売新聞)
「夜スペシャル」施設使用は適法=塾連携の夜間有料授業−東京地裁(時事通信)
「二十四の瞳映画村」に12匹のこいのぼり(産経新聞)
首相動静(3月30日)(時事通信)
日米密約 外務省有識者委員らを招き質疑 衆院外務委(毎日新聞)
posted by xbfxatoe5m at 21:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。