2010年05月28日

<岐阜県>産廃施設許可取り消し 住民への説明会なく(毎日新聞)

 岐阜県中津川市福岡で計画されていた産業廃棄物の中間処理施設について、同県は26日、施設の設置許可を取り消すと発表した。業者に求めた住民への説明会が実際には行われなかったと認定、設置の根拠となる廃棄物処理法や県条例に違反したと判断した。今後、業者に改めて意見を聞く聴聞など許可取り消しに向けた行政手続きに入る。

 業者は同市の「河村産業」。同地区の会社敷地内に廃油や木くずの処理施設の建設計画を県に申請、09年11月に許可を受けた。業者は「住民説明会を4回行った」と県に報告。だが、計画が表面化した今年2月以降、住民が「産廃を扱う施設との説明は受けていない」などとして建設反対運動を展開、県に許可取り消しを求めていた。

 県が河村産業に事情を聴いたところ説明はあいまいで、実際には説明会が実施されなかったと判断。県条例や周辺地域の生活環境保全への配慮を求める廃棄物処理法に違反したと判断した。

 「福岡産廃施設建設に反対する住民の会」の野田契子代表(64)は「行政が一度与えた許可を取り消すことはないと思っていた。英断だ」と喜んだ。

 一方、河村産業の代理人は「取り消しを県が決定した場合は、その決定の無効確認と、知事への損害賠償訴訟を検討する」とコメントした。【岡大介、三上剛輝、小林哲夫】

【関連ニュース】
ビオトープ:国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州
産廃処分場:伊賀のNPO、県に「素掘り」廃止要望 /三重
伊賀の産廃最終処分場:公害調停申請 水質調査の井戸新設を 国が中間案 /三重
中津川の産廃施設建設:住民の会、許可撤回求め署名 3万1516人分、県に /岐阜
県境産廃問題:09年度までに対象の6割撤去 八戸地域対策協に報告 /青森

24歳夫婦、生後数か月の長女を暴行・重傷(読売新聞)
事業仕分け 教本32億円…運転免許利権にメス(産経新聞)
水とカニ殻から生体材料=有機溶媒使わず安全―金沢工大など(時事通信)
マルチ商法 「仮想空間」ビズインターナショナル社を捜索(毎日新聞)
<民主>公約実施は51% 党が独自集計(毎日新聞)
posted by xbfxatoe5m at 00:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

男性の死亡認定取り消し=失跡後、北朝鮮でかつて生存−海保(時事通信)

 石川県から1963年、漁船で出港して行方不明となり、海上保安庁の死亡認定後に北朝鮮での生存が判明した寺越外雄さん=失跡当時(24)=について、同庁が認定を取り消す決定をしていたことが13日、支援団体への取材で分かった。
 寺越さんはその後、北朝鮮で死亡したとされる。支援団体は「これで第一段階をクリアできた。北朝鮮にいる子供の日本国籍の取得と帰国に向け、活動を続けたい」と話している。
 支援団体「救う会兵庫」によると、決定は12日付。同日夜に神戸市に住む兄文雄さんに連絡があったという。既に法務省と今後の手続きについて協議を始めているという。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】緊迫!朝鮮半島〜北、中朝首脳会談を公表〜
〔写真特集〕世界のミサイル
〔写真特集〕若き日の金正日氏〜知られざる素顔〜
日本は4年ぶり向上=「母の日」指標

横須賀の男性遺体、殺人と断定 捜査本部設置(産経新聞)
近代化の歩み後世に 宮内庁、古写真デジタル化(産経新聞)
徳之島3町長「反対を首相に伝える」1千人が壮行(読売新聞)
谷亮子氏 参院選出馬 「二足のわらじ」に危惧も(毎日新聞)
両陛下、五輪入賞者招き茶会(時事通信)
posted by xbfxatoe5m at 12:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

痴漢は生涯賃金408万減…名古屋市教委、規定手引(読売新聞)

 教職員らによる相次ぐ不祥事を受けて、名古屋市教育委員会は服務規定の手引書を作成した。

 懲戒処分の種類や過去の不祥事例、生涯賃金への影響を説明したほか、自己チェック欄も掲載されている。

 同市では昨年6月以降、小学校教頭が交際相手の女性を中傷するビラを配った名誉棄損事件や、中学校、高校の教諭による痴漢事件、事務職員らによる公金着服事件などが続発。懲戒免職者も5人と、ゼロだった一昨年度から激増した。

 「誇りを胸に」と題した手引書には、地方公務員法で定められた職員の義務や懲戒処分についての説明のほか、過去の事例として、「ちかんは停職6か月」「公金横領は免職」「体罰は減給10分の1、1か月」などが紹介されている。35歳の教諭が停職6か月を受けた場合は生涯賃金が408万円減るなどと記されている。市立の全学校や幼稚園に配布される。

 手引書を作成した市教委教職員課は「今までも資料は配布してきたが、より具体的な内容に踏み込むことで、教職員の自覚を促そうと考えた」としている。一方で、職員の中からは「ここまでしないとモラルが保てないとしたら情けない」といった声も出ている。

「次女の看病の心地よさ」から犯行へ 点滴混入事件(産経新聞)
京都の点滴混入事件、きょうから裁判員裁判(産経新聞)
<雑記帳>銘酒「男山」Tシャツ発売 ユニクロの企業コラボ(毎日新聞)
足利事件弁護人、検察幹部に講演=取り調べ可視化など訴え(時事通信)
「としまえん」遊具から15歳少年転落 フライングカーペット、5メートル下に(産経新聞)
posted by xbfxatoe5m at 14:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。